イオン導入器 目の下のたるみ

イオン導入器はなぜこんなに肌のケアに効果があるのか?

美顔器のひとつに、イオン導入美顔器というものがあります。

 

イオンと言われると何となく肌によさそうなイメージがありますが、実際はどうなんでしょう?

 

イオン導入の仕組みについて調べてみました。

 

・イオン導入器とは何なのか?

イオン導入器は、微弱な電流を使ってそのままでは浸透しにくいビタミンC誘導体やプラセンタなどの美容成分を肌の奥へと届ける美容方法を行う際に使われる機械の名称です。

 

私たちの肌の一番表面、角質層は酸性で陽イオン(+)が多くなっています。しかしその内側の顆粒層は陰イオン(−)でアルカリ性に保たれ、互いに反発しあい角質層と顆粒層の間には電気の膜ができています。

 

通常はこの電流の膜に阻まれて、美容成分は角質層よりも奥に浸透することができません。

 

イオン導入器で肌に電流を流すと、角質層と顆粒層が中性に傾き、反発が弱まります。すると浸透の邪魔をしていた電気の膜の働きが弱まるので、成分を肌の奥まで届けることができるようになります。

 

また、ビタミンC誘導体は(−)イオンを帯びています。マイナス同士、プラス同士は反発しあうためイオン導入器でマイナスの電流を流して上げると(−)イオンを帯びるビタミンC誘導体はそれに反応して肌の奥まで押し込まれていきます。このようにして、イオン導入器は美容成分を肌の奥まで浸透させるのです。

 

・イオン導入器は効果があるのか?

イオン導入で化粧品を使った場合手やコットンで肌につけるのに比べて数十倍の浸透力があると言われています。

 

このイオン導入は、皮膚科・美容皮膚科などの病院で行うこともできますが、最近は市販のものでもイオン導入美顔器が売られているので、自宅でも気軽にイオン導入器を使うことができます。

 

もちろん医療機関においてあるものよりも威力は弱まりますが、それでも実際イオン導入美顔器で化粧水を使った後は肌の感触が違うと感じる人も多いようです。